交通事故の後始末

投稿者: | 2007/05/09

二年前の正月に発生した交通事故の後始末がやっと完了。
示談交渉から始まって、調停、少額訴訟、強制執行、給与差し押さえ、供託金の受け取りまで。
最初は面白かったけれど、裁判所には何度も通わなければならないので、段々面倒になってきた。しかも、この間に単身赴任はあるわ、退職もあるわで、もう大変。
通ったところも弁護士会館・簡易裁判所・地方裁判所・法務局、そして最後の日本銀行。
勉強にはなったけど、もう一回やるのは御免被りたい。
約束したとおりに支払うとか、裁判所の決定に従ってもらえればここまで面倒じゃなかったんだけれど、加害者がことごとく約束を破る人だったので、ここまで来てしまった。
退職直後の給与がない月に供託金を受け取れたのは唯一、良かったことかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です